ホワイト・オランダー

今日のような洪水、実のところさほど嫌いではないです。過去に暴雨がきて、家族が家にいたとき、両親と遊んだことを覚えています。
ホワイト・オランダーの売りは、生きている内でめったに感じることのない想いへと変わっていく映画と言うことです。
迫力のあるホワイト・オランダーは、構成がしっかりしているので兄弟で観た方が面白いかもしれません。
ホワイト・オランダーを見て、ミッシェル・ファイファーはどんな役でも輝くなと感じました。
ミッシェル・ファイファーが映画に出ると、話の面白さが増えるでしょう。
ホワイト・オランダーは特別で、代表作とも言えるでしょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中